飛行機オタクによる乗り物&旅行blog

福岡空港拠点の理系大学生僧侶。2019年にJGC修行 飛行機の他乗り物好き 週末は必ず更新!飛行機オタクの先駆者となりたい

【格安旅行シリーズ】福岡から新潟までとにかく安く行く方法を沢山考えてみた

福岡に住んでいる人が行ったことのない都道府県では5本の指には入る新潟県(偏見)。

そんな新潟にも行ってみたい、もしくは行く用事があるという人はいると思います。

 

そこで今回は、福岡から新潟までとにかく安く行く方法を考えてみたいと思います。

また、一般的な行き方は調べれば沢山ありますから、マニアックな行き方のみ紹介したいと思います。

 

とにかく安く旅行したい大学生や、道中を楽しみたい人におすすめです!!

 

 

目次

 

参考1:飛行機直航便 16,000円(*11,300円)

f:id:Kichikichi02:20190817143100p:plain

福岡-新潟には残念ながらLCCは就航していません。

JALのウルトラ先得でみると福岡-新潟の運賃は16,000円。そこからどんどん値上がりしていきます。毎回この値段で取れるとは限りませんから、平均的には18,000~20,000円くらいを見ておいた方が良さそうです。

 

この数値はこれからの話の基準となるので覚えておいてください。

 

しかし、skyscannerで調べてみると、たまにANAなどの大手の航空会社のチケットを旅行代理店を通して格安で手に入れられる場合もあります。

f:id:Kichikichi02:20190817143247p:plain



 

しかしこう言った格安のチケットは詐欺などの危険性もある(実際に結構多い)ので注意が必要です。

Travel2be 旅行予約サイトの評判や口コミは!? 格安航空券を購入する際は注意が必要!! | アジアの歩き方

 

 

参考2:新幹線 28,732円(27,090円)

f:id:Kichikichi02:20190817143340p:plain



博多-東京-新潟というルートになります。ちなみに自由席利用です。

直前にでも取らない限りこの方法で行く優位性はありません。飛行機で行った方がいいです。

 

また、学割を利用すればもう2.3千円くらい安くなります。

 

 

①JR在来線利用(青春18きっぷ) 5,260円(2,370×2+520円)

f:id:Kichikichi02:20190817143358p:plain

f:id:Kichikichi02:20190817143401p:plain

取り敢えず青春18きっぷ利用が最安と言っておけば間違いはありません笑

 

ただしいくら安いと言ってもこれだと2日かかるので宿泊も考慮しないといけませんし、何より体がきつい… このルートは現実的ではありませんしおすすめはしません。

 

またルートとしては博多→東京→上野→高崎→水上→長岡→新潟です。

博多-東京間は普通の青春18きっぷの旅と同じルートになるのでムーンライトながらを利用するのが一般的です。

 

 

②飛行機→飛行機 

福岡→関空→新潟 9,460円 (4,320円+5,140円)

f:id:Kichikichi02:20190817143443p:plain

f:id:Kichikichi02:20190817143445p:plain

 

 

福岡-関空、関空-新潟にはLCCが就航しています。これを利用しない手はありません。

 

この方法だと関空から梅田まで移動する必要がないのも非常に大きなポイントです。また、高速バスを利用する場合と違って週末でも大きく値上がりしにくいことも非常に大きいです。

 

しかし最大のデメリットは1日で行けないこと!!

飛行機の時刻を見てもらえれば分かりますが、福岡発が遅いんですよね…

 

どうしてもこの方法で行きたい場合は福岡-伊丹をJAL,ANAなどで取って関空まで移動するしかなさそうです。(8,000~9,000円くらいで取れます。)

 

その場合は14,000円くらいに落ち着きそうです。

 

しかし新潟→福岡の時はギリギリこの方が使えます。

f:id:Kichikichi02:20190817143556p:plain

f:id:Kichikichi02:20190817143558p:plain



 

 

福岡-成田-新潟 *12,740円(5,880+ *6,860円)f:id:Kichikichi02:20190817143709p:plain

f:id:Kichikichi02:20190817143717p:plain



福岡-成田は普通にLCC利用です。

成田-新潟は先ほども言った旅行代理店から購入する方法です。この方法で行くくらいなら直航便で行った方がいいでしょう。

 

 

③飛行機→高速バス 

福岡→大阪→新潟 9,550円 (4,320+1,000+4,230円)

福岡-関空にはLCCが就航しているのでこれを利用しない手はありません。

この飛行機と高速バスを乗り継ぐという荒技によって1万円切りという価格を実現しました。

 

しかしデメリットとしては、高速バスは夜行便になるので大阪での滞在時間が長くなってしまうことです。うまく観光するなどして時間を潰しましょう。

また、週末になると運賃が跳ね上がることもデメリットと言えます。高速バスの利用は基本的には平日限定の手法となりそうです。

 

 

福岡→東京→新潟 8,950円 (5,880+1,000+2,070円)

おそらくこれが最も現実的で安く移動できる方法です。

 

特に特筆すべき点は、東京-新潟間は昼行便もでていることや福岡-成田間の飛行機の便数が非常に多いことです。

また、東京-新潟間の高速バスは週末でも値上がりしにくい傾向にあります。

 

 

④自家用車

f:id:Kichikichi02:20190817143805p:plain



深夜割引などを適用してもこの値段。特に優位性はありませんね。

 

 

⑤新幹線→新幹線→新幹線

博多-新大阪、新大阪-東京、東京-新潟でバリ得こだまやぷらっとこだまを利用するという手段です。少し調べると全くお得じゃないことが分かったので考えるのをやめました。

 

 

⑥船

f:id:Kichikichi02:20190817144002p:plain

日本長距離フェリー協会/Japan Long Course Ferry Service Association

 

船で行くルートはありませんでした。

 

 

今回どのようにして調べたか

・skyscanner

・高速バス・飛行機LCC・新幹線 電車の最安値運賃を検索・比較!

・googleフライト

 

 

まとめ

福岡-東京をLCCで、東京-新潟を高速バスで移動するのが最強!!

料金は9,000円くらい!!!

 

 

 

 

 

Twitterではリアルタイムで情報を発信しています。是非フォローお願いします。