飛行機オタクによる乗り物&旅行blog

福岡空港拠点の理系大学生僧侶。2019年にJGC修行 飛行機の他乗り物好き 飛行機オタクの先駆者となりたい

【国際線】飛行機は朝便(早朝便)と昼便と夜便(深夜便)のどれに乗るべきなのか考えてみる

皆さんはどこか旅行へ行く時、フライトの時間帯はどのようにして選んでいますか?

 

おそらく「昼だと体力的に楽〜」とか「夜だと機内泊がきついかなぁ」とかしか考えていないじゃないんかなと思います。

 

そんなんじゃもったいないです!!

 

今回はフライトの時間帯別のメリットデメリットを考えていきます。

 

 

目次

 

考察する際のポイント

f:id:Kichikichi02:20200219235546j:plain

 

どの便に乗るのかを考える際に重要になってくるのが、

・ラウンジが使えるか

・短距離便か長距離便か

・機内サービスを堪能したいか

・疲労の少なさを取るか時間効率を取るか

・乗り換え(トランジット)があるのか

・到着時間が何時なのか

・子連れかどうか

 

という事です。これによってどの時間帯の便を利用するべきなのかが変わってきます。

 

この中で、どの時間帯の便を利用する際にも重要なのが「到着時間が何時なのか」という事です。

 

朝到着する便だと着いたら疲れが溜まった状態で1日行動しなければならない代わりに時間を有効的に使う事ができます。

一方で夜到着する便だと着いたらすぐに寝る事ができるので体力的には楽ですが丸1日を移動に費やす事になるので効率は悪めです。

 

またこれは往路なのか、帰路なのかにも変わってきます。

 

さらには、復路なら着いたらもう家に帰って寝るだけなのでどんなに疲れてもいいので深夜便でも大丈夫という人もいれば、旅行した後で疲れているので帰りに深夜便はきついという人もいるでしょう。

 

とにかく重要なのは、状況に応じて正しく便を選択する事だと思います。

 

また今回は中距離〜長距離便を想定しています。

 

 

朝便(早朝便)

f:id:Kichikichi02:20200219235701j:plain

 

まずは朝便のメリットデメリットを考えていきます。朝といっても5時なのか8時なのかで状況も大きく変わってくるでしょう。

 

メリット

・機内サービスが朝昼夜全部楽しめる

・深夜便よりは体力的に楽

 

デメリット

・空港が混んでいる(朝出発する便は多い)

・空港までの交通手段がない場合がある

・朝眠い

・ラウンジの食事が充実していない

・国内線→国際線朝便に乗り継ぐのは困難 

f:id:Kichikichi02:20200219235810j:plain

 

実際に列挙してみると朝便のメリットはなかなか少ないですね…

 

メリットと言えるメリットは機内サービスが朝昼夜と楽しめる事くらいです。それも超長距離便に限るし朝昼夜がっつり機内食が出るというのはなかなかないでしょう。(世界最超路線であるシンガポール⇆ニューヨーク便でもメイン2回と軽食1回だったらしいです。)

 

また、航空会社の上級会員であったりプライオリティパスを持っていたりする人はラウンジを利用する事になると思いますが、朝のラウンジの食べ物は基本的に貧弱です。夜はシェフなどがいる場合もありますが、朝はいないでしょう。

 

というわけで特に値段が安かったりする場合以外に積極的に利用していく優位性はなさそうです。

 

 

昼便

f:id:Kichikichi02:20200220000112j:plain

昼便は便数も多いですし、オーソドックスな時間帯です。短距〜長距離便まで様々な行き先の便が昼の時間帯に出発しています。

 

メリット

・機内食が昼夜楽しめる

・ラウンジが割としっかり楽しめる

・着いたら寝るだけなので体力的に楽(中距離便)

 

 

デメリット

・日中移動するので時間効率が悪い

 

昼便のメリットはとにかくラウンジと機内でのサービスが存分に楽しめるという点です。

朝だとお酒など飲む気になれない人も多いと思いますが、昼夜だとお酒も色々楽しむ事ができます。

 

基本的に食事は朝よりは昼、昼よりは夜の方が豪華になっている場合が多いです。ビジネススラスやファーストクラスにサービス目的で乗る人は昼便に乗るのが一番良さそうです。

 

また東南アジアなどの中距離便(往路)だと着いたら夕方〜夜になっているので疲れた状態からすぐにホテルに直行し寝る事ができるのは大きなメリットです。

 

 

 

夜便(深夜便)

f:id:Kichikichi02:20200220000149j:plain

 

夜便には大きく分けて2種類あります。それは夕食の時間帯に飛行機に乗っているか否かです。

今回は前者を夜便、後者を深夜便と定義します。

 

メリット

・中距離便でも3食の中で一番豪華な夜ご飯を楽しめる(夜便)

・朝から空港にいればラウンジ滞在時間が最も長くなる

・時間効率が一番いい

・国内線→国際線夜便への乗り継ぎが容易

 

デメリット

・ラウンジでシャワーが浴びられないと辛い

・機内サービスが最も貧弱(深夜便)

・空港での時間つぶしが大変(深夜便)

・エコノミーだと体力的にきつい

 

こういったメリットデメリットがあり、最も好き嫌いが分かれる時間帯と言えそうです。

 

夜便は上記のように比較的メリットが大きいです。一方深夜便の方は機内サービスが貧弱になってしまうというのが最大のデメリットです。中距離便とかだと軽食と朝ご飯しかでません。

 

またラウンジに入る事ができない場合、1日活動したのにも関わらずシャワーを浴びられないという悲惨な状況になってしまうのも大きなデメリットと言えます。

 

逆に、ビジネスやファーストクラスを利用する人で、とにかく時間を有効に使いたいというエリート層には深夜便はものすごく優位性が高いでしょう。

 

 

状況別のおすすめの便

ここまでの事を踏まえると、各々の状況によって以下のように分ける事ができます。

 

機内サービスやラウンジを存分に享受したい人

→昼便〜夜便

 

時間を有効活用したい人

→夜〜深夜便

 

翌日に疲れを残したくない人

→朝〜昼便

 

キチキチ的には昼便が一番おすすめです。

体力的にも割と楽ですし、ラウンジや機内食もしっかりと堪能する事ができるからです。

 

逆におすすめできないのが朝便(特に早朝便)です。

朝早く起きないといけないので体力的にもきついですし、朝なのでラウンジや機内食も充実していません。

しかしながらこういった理由で早朝便は値段が安い事が多いです。

 

 

まとめ

昼便が一番おすすめ!

 

ラウンジも機内食も堪能できるし体力的にも楽です!

 

 

 

Twitterやってます! よかったら覗いてみてください!

ハテブもお待ちしております!