飛行機オタクによる乗り物&旅行blog

福岡空港拠点の理系大学生僧侶。2019年にJGC修行 飛行機の他乗り物好き 週末は必ず更新!飛行機オタクの先駆者となりたい

【超絶悲報】JALにはファーストクラスの格安な運賃設定が無い件について

こんにちは、飛行機オタクのキチキチです。

 

今回は、ANAJAL比較シリーズとして、ANAにはあるのに「JALにはファーストクラスの格安な運賃設定が無い」という紅組にとってみたら残念な話(?)をしていきたいと思います。

 

この記事を読んで2020年にJGC(JGP)修行をするかSFC修行をするか悩んでいる人の何らかの参考になればいいなと思います。

 

また、福岡空港を拠点としているJGC修行僧はこちらも是非読んでみてください↓↓↓

kichikichi02.hatenablog.com

kichikichi02.hatenablog.com

A380 ファーストクラス シート詳細 | Service & Info [国際線] | ANA

 

 

目次

 

ファーストクラスの設定路線

まずは予備知識として、それぞれの航空会社のファーストクラス(以下Fクラス)が設定されている路線を挙げてみます。

 

ANA

羽田

・ロサンゼルス

・シカゴ

・ニューヨーク

・ロンドン

・フランクフルト(NH203,NH223)

 

成田

・サンフランシスコ

・ロサンゼルス

・シカゴ

・ニューヨーク

・ワシントンD.C.

・ヒューストン

・ホノルル

 

 

JAL

羽田

・サンフランシスコ

・ニューヨーク

・ロンドン

・パリ

 

成田

・ニューヨーク

・シカゴ

・ロサンゼルス

 

Fクラス導入路線は圧倒的にANAの勝利です。

ANAしか導入していない路線は、

 

・フランクフルト

・ワシントンD.C.

・ヒューストン

・ホノルル

 

逆にJALしか導入していない路線は、

 

・パリ

 

のみになります。ということでFクラスの使い勝手がいいのはANAということになりそうです。

 

 

ANAにはFirst Full Flexの他にFirst Valueという運賃設定がある!

「何故ANAの方がJALよりも圧倒的に安いのか」それはFirst Valueのおかげです。

 

一般に同じ席のチケットでも、料金区分が異なりそれぞれに販売可能な座席数があらかじめ設定されています。また、安いチケットの方がキャンセルができなかったり、マイル積算率が低かったりしますが実際に受けるサービス面では変わりません。

 

f:id:Kichikichi02:20190704111309p:plain



※実際に運賃を検索して出てきたのは前述の2種類だけでした。

 

ANAにはFクラスの運賃設定が2種類あります。そのため航空券を安く押さえられる可能性があるのです。

例えばエコノミークラスで考えると、JALでは約10倍ANAでは

 約2倍強近く違います。

 

ここでは2社の違いはあまり重要ではありません。ANAにエコノミーFlexが無いからです。

そう考えるとエコノミークラスについてはJALの方が使い勝手がいいと言えます。

f:id:Kichikichi02:20190704110055p:plain

f:id:Kichikichi02:20190704110106p:plain



 

JALにはFirst Flexしかない

f:id:Kichikichi02:20190704110520p:plain

 

上の画像を見てもらったら分かるように、JALにはFクラス予約クラスはFlexしかありません。

これだと航空券をどんなに早くとっても安く乗ることはできないということになります…

 

 

どのくらい値段(運賃)が変わってしまうのか(ANA安、ANA高、JALの比較)

ここではFirst Valueのありがたみを知ってもらうために、「ANA First Value」、「ANA First Full Flex」、「JAL First Flex」の3つを比較してみたいと思います。

 

路線は2020/4/1-2020/4/5とします。また往復割引が効くようなとり方を考えますが、ここでは片道分の運賃しか見ません。

 

東京-ニューヨーク

ANA First ValueANA First Full Flex

f:id:Kichikichi02:20190704110959p:plain





順番に561,910円1,027,410円。1.8倍違います。相当差がありますよね。

465,500円の差があります。

 

 

JAL First Flex

f:id:Kichikichi02:20190704111112p:plain



1,095,500円ANA First Full Flexとより若干高いくらい。(と言っても6万円以上も高いですが)どんなに早く発見してもこの値段ですから庶民には本当に手が出ません…

 

ちなみにANA First Valueとの差は1,095,500−561,910=533,590円!!!!

往復換算するとなんと1,067,180円!!!100万円あったらもう一回行けますよね笑笑

 

東京-ロンドン

ANA First ValueANA First Full Flex

f:id:Kichikichi02:20190704110632p:plain

順番に654,170円1,403,170円。2.14倍違います。差は749,000円あります。

 

JAL First Flex

f:id:Kichikichi02:20190704111213p:plain

f:id:Kichikichi02:20190704111224p:plain

f:id:Kichikichi02:20190704111224p:plain




1,339,000円ANA First Full Flexとほぼ全く同じくらい。

 

ANA First Valueとの差はなんと驚きの684,830円!!

往復換算すると1,369,660円!!!なんとJAL First Flex で往復する値段でANA First Valueで2往復することができてしまう計算になります!! もうJALのFクラス使うやついないだろこれ笑笑

 

 

正規運賃でファーストクラスにのるなら絶対にANAの方がいい

ということで、普通に有償でFクラスに乗るのならば絶対にANAの方がいいです。

JGCだったとしても絶対ANAの方がいいし、100万円あればダイヤモンド修行だってできてしましますからね。

 

さらに路線も多いので、JALよりも旅の幅が広がります。

 

 

ただし特典航空券でファーストクラスに乗るのならJALの方が手軽

このままだと、JALのいいところがなくなってしまうので、JALの優れている点を一つ紹介したいと思います。

それは「特典航空券が片道からとることができる」という点です。

これがどういうことかというと、有償航空券(特別割引)+特典航空券、エコノミークラス特典航空券+ファーストクラス特典航空券といった組み合わせがかのうであるということです。対してANAだと行き帰りは全く同じ予約クラスじゃないとチケットが発券できません。

 

Fクラスの往復特典航空券に交換するためのマイルを期限内に貯めることは極めて困難であるし、そもそもFクラスの特典航空券は競争率が高くなかなかとることができません。往復ならなおさらです。

そういう意味では、JALの方がFクラス(そのほかのクラスも)に乗りやすいと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

ANAだとJALの最大5割の値段でファーストクラスに乗ることができる!!

ただし特典航空券だとJALの方が乗りやすい!!

 

 

 

この記事が良かったと思ったら是非はてブをください!

またツイッターではリアルタイムで情報を更新しています!