飛行機オタクによる乗り物&旅行blog

福岡空港拠点の理系大学生僧侶。2019年にJGC修行 飛行機の他乗り物好き 飛行機オタクの先駆者となりたい

プライオリティパスのフル活用!国内の移動に仁川タッチを加えても意外と安上がりな件

皆さんは国内を移動する際、あえて海外を経由した事があるでしょうか?

 

した事がないどころか考えたことすらないという人がほとんどでしょう笑

 

しかしプライオリティパスを持っているなら案外コスパ良くラウンジポッピングが楽しめるかもしれません・・・

 

 

目次

 

韓国行きはとにかく安い航空券が多い

f:id:Kichikichi02:20200215111626p:plain

 

実際に検索した人じゃないと知りえない事実ですが、実は韓国のLCCはいつでも(直前でも)格安で航空券を購入する事ができるんです。

 

1,000円前後で販売されている事もしばしばあります。(別途手数料はかかる)

f:id:Kichikichi02:20200215111956p:plain

 

これを利用しない手はありません。

 

無駄に仁川に行ってラウンジを堪能し同日中(あるいは翌日)に目的地へ颯爽と向かう、自分のプライオリティパスもさぞ喜ぶ事でしょう(?)

 

 

入国審査での心配は無用

f:id:Kichikichi02:20200215112208j:plain

 

明らかに気の狂ったようなフライトスケジュールだと、入国できるのかどうか心配になる人もいると思います。

 

しかし自分の経験上保証はできませんが、入国審査で日本人が質問される事はありません。

無言でパスポートを渡せばOKでした。

 

フィリピンなどは結構タッチに厳しいと聞きますが、韓国は多分大丈夫でしょう。

 

 

仁川はプライオリティパス天国!

f:id:Kichikichi02:20200215115217p:plain

 

仁川空港にはプライオリティパスで入る事のできる比較的豪華なラウンジが第一ターミナルに6ヶ所、第二ターミナルに3ヶ所あります。

 

f:id:Kichikichi02:20200215112258p:plain

ICN8-Sky-Hub-Lounge

 

このうちアシアナ航空とLCCが発着するのが第一ターミナルになるので実質6ヶ所のラウンジがホッピング出来るという事になります。

ちなみに第二ターミナルは大韓航空などのスカイチーム系が利用します。

 

また残念ながら第二ターミナルに移動してラウンジを利用する事は出来ないようです。

 

 

具体的なルート

ルートや便の決め方

①まずはスカイスキャナーで複数都市というところを選択して検索してみます。

f:id:Kichikichi02:20200215112450p:plain

 

②検索結果をみてフライト時間や金額に納得がいかなかったら航空会社ごとに検索していく事になります。

 

③Wikipediaで仁川便がある航空会社をチェックして個別に検索していきます。

 

※今回は2020年2月か3月で安い日にちの航空券を検索するものとします

※今回は面倒くさいのでスカイスキャナーでしか検索しません

※表示されている金額は全て諸税・手数料込み

 

 

福岡→東京

f:id:Kichikichi02:20200215112533p:plain

 

福岡は距離的に韓国に非常に近接しているので航空券は安定して圧倒的に安いです。

なんと手数料など全て込みで1万円で仁川タッチする事ができます。

 

さらに便数も同じ価格帯に豊富にあるので仁川滞在時間を長くする事も可能です。

 

また福岡空港でもプライオリティパスで入れるラウンジがあるのでこちらでもラウンジを楽しめます。(時間の制約が厳しいので注意が必要)

 

 

福岡→那覇

f:id:Kichikichi02:20200215112548p:plain

 

こちらは料金もそうですが、そもそも時間も現実的ではないですね。

 

個別に調べてみると、仁川→那覇の便がお昼過ぎに集中しているので変なルートが表示されてしまっているようです。

 

しかし上の画像にある福岡→仁川→台北(桃園)→那覇で21,000円というのも面白そうです。

 

また逆ルートだと幾分かマシになるようです。

f:id:Kichikichi02:20200215112601p:plain

 

 

福岡→新千歳

f:id:Kichikichi02:20200215112623p:plain

 

こちらもあまり現実的ではないです。

羽田→成田の乗り換えが必要な上、どちらかで空港泊をしないといけません。それに結構高いです。

 

しかし逆ルートならば羽田/成田を経由しない直行便(?)がある上、運賃も安くなっているのでかなりおすすめです。

f:id:Kichikichi02:20200215112637p:plain

 

 

福岡→大阪

f:id:Kichikichi02:20200215112655p:plain

 

福岡→大阪は非常におすすめのルートの一つです。

どちらも仁川便がたくさん飛んでいるので時間的にもかなり選択肢が多いですし、運賃も比較的いつでも安いです。

 

加えて、関空→福岡の場合だとぼてじゅうチャレンジもする事ができます。(時間が許せば)もちろんこちらのルートでも格安です。

f:id:Kichikichi02:20200215112713p:plain

 

福岡⇆大阪は是非往復で挑戦したい路線です。

 

 

東京→大阪

f:id:Kichikichi02:20200215114541p:plain

 

こちらは13,500円ほどと東京-大阪の距離を考えるとちょっとお高め。しかし便数が多いのでフレキシブルにフライトを組む事ができます。

 

大阪→東京だと運賃も少し安くなるようですし、ぼてじゅうチャレンジもできるのでおすすめです。

f:id:Kichikichi02:20200215114558p:plain


 

 

東京→新千歳

f:id:Kichikichi02:20200215114609p:plain

 

東京-仁川-新千歳はかなり大回りのルートになってしまいます。時間もかかるし丁度いい時間帯の便もありません。

運賃も高めなので残念ながら現実性は低いでしょう。

 

新千歳→東京ならかなり安くなる便もあるようですが、ラウンジ滞在時間が短くなってしまうのがネック。

f:id:Kichikichi02:20200215114624p:plain

 

 

東京→那覇

f:id:Kichikichi02:20200215114646p:plain

 

この路線も時間帯と運賃に難あり。

 

しかし那覇→東京ならば多少現実的ではあります。

f:id:Kichikichi02:20200215114738p:plain

 

羽田到着時間が遅くなってしまうのが残念ではありますが。

 

 

日帰りタッチでもOK!

当然日帰りタッチでも大丈夫です。というかこちらの方がお手軽だと思います。

 

しかしながら福岡などは日帰りでも安いですが、東京や大阪だと現地の格安ホテルで一泊した方が安くなる場合もあります。

 

 

必ずWEBチェックインを利用しよう

WEBチェックインを利用すれば荷物を預けなければ空港でチェックインカウンターに立ち寄る必要がないので時間短縮になりますし、場合によっては何時間も前から出国してラウンジに滞在出来る可能性もあるので必ず利用しましょう。

 

 

仁川に飽きたら釜山も◎

釜山・金海国際空港も比較的日本便を多く飛ばしています。プライオリティパスで入れるラウンジもありますし、地理的にも日本から近い(仁川よりも)ので結構おすすめです。

 

 

まとめ

プライオリティパスの元を全力で取りたい人は是非仁川タッチを!!

 

福岡発着便がお得です!

 

 

 

 

 

 

Twitterやってます! よかったら覗いてやってください!

ハテブもお待ちしております!